会社の利益を上げたいなら組織診断をしてみよう

電子記録債権の利便性

オフィス

手形の問題点を改善

インターネットの普及とともに企業のさまざまな業務にも変革がもたらされていますが、そうした変化は今や決済手段にも及んでいます。従来の企業では紙の手形や銀行振込といった方法が決済手段の主流だったため、さまざまな問題点を抱えていました。特に手形は交付や保管に一定のコストがかかる上、紛失や盗難といったリスクも考えられるため厳重な管理が求められていたのです。通常は銀行口座への振込の形で決済が行われる売掛金の債権でも、二重譲渡や人的抗弁といったリスクを完全に防ぐのは難しいと言われているのです。そのような手形や売掛債権の問題点を改善した新たな決済方法として考え出されたのが、インターネットを通じて利用できる電子記録債権です。電子記録債権はでんさいネットと呼ばれる独自のネットワークを利用することにより、管理や譲渡が可能になります。でんさいネットでは電子データの送受信によって債権の発生や譲渡が行われており、紙の手形と違って分割も可能な点が大きな特徴です。このような電子記録によって売掛債権のような二重譲渡や人的抗弁のリスクもなくなり、債権の帰属が明確化される点でもでんさいネット利用の安心感が大きいのです。でんさいネットには多くの金融機関が参加しているため、既存の決済システムを流用した資金回収手段として利用することができます。窓口となる金融機関を通じてでんさいネットの記録原簿に電子記録債権の発生が記録され、その債権記録は電子債権記録機関で厳重に管理されます。紙の手形のような紛失や盗難リスクもなく、必要に応じて分割も可能な電子記録債権はインターネット時代に相応しい進化した決済手段なのです。でんさいネットを利用することによって手形の作成や保管に関わるコストが削減され、リスク問題も解決できます。決済に関わる従来の負担を大幅に軽減させるでんさいネットは、特に中小企業で利用例が増えてきています。